風俗に最高の癒しを求めて

肛門とちんこは名コンビかも

プレイルームに入ってお気に入りのサッカーチームの話で盛り上がりました。応援にもよくいくらしいですよ。そんな話をすると、なんか落ち着きますね。トークをしながら、ヘルス嬢に服を脱がせてもらってシャワールームに行きます。全身を優しく柔らかい手で洗ってもらった後に、おケツとちんこも丁寧に洗ってもらいます。このときに肛門の中に徐々に指が入ってきて、気持ちいいと言うとさらに奥まで入ってきて、中指全入りになりました。こんなに入るの?なんてびっくりですけど、ヘルス嬢曰く肛門も入り口さえなんとかしたら奥は宇宙空間だなんて行ってましたよ。確かに指が入ってきて、肛門の中を自由にグリグリされてましたからね。というかその間もちんこはフル勃起で、肛門とちんこはまさか名コンビでは?なんて思いました。そんなこんなで、ベッドに戻りますが、ちんこは勃起したままなので女の子が手をつなぐのではなくてちんこを握りしめての移動です。これがなんとも気持ちが良いというとやっぱりMなのかな、なんて思いますけどね。

最後は騎乗位スマタです

プレイルームに入って女の子に脱衣を手伝ってもらい、ヘルス嬢も制服を脱がせます。すぐにシャワーを浴びるのですが通常は一人がやっとの簡易的なシャワールームなので、女の子はカーテンの外から洗ってくれるのですが、特に念入りにちんこを洗ってくれます。あとはおまけ程度ですね。ですからここでのシャワールームでのプレイというものは期待しないほうがいいです。とはいってもちんこ洗いでは当然勃起しまくりですけど、ここでの発射はできません。それからプレイルームのベッドに横たわります。まずは、ディープキッスですよ。女の子も今日はまだエクスタシーに達してないって言ってたのでお豆をペロペロします。するとおっぱい乳首も大きくなってきたのでそっちも舐めたら逝っちゃいました。おまんこは淫汁でびしょびしょでしたよ。次はカチカチのちんこをしゃぶってもらいましたがおしゃぶりがとても気持ちがよくて発射しそうになったのでここで、騎乗位スマタをお願いしてエッチな音を立てながら、耳元でヘルス嬢に甘い吐息をかけられながらフィニッシュです。